【LOLパッチ6.11チャンプ考察】今後のエコー(Ekko)

ac79901d-s.jpg


今回はパッチ6.11でナーフを受けたエコーについての考察です。

今後の運用方法についても考察してみました。

まずは6.11で変更のあった点をまとめます。

【エコーの変更点】
※lol公式サイトより抜粋

キャプチャa

今回エコー自体のナーフではありますが、どちらかといえばタンクエコーのナーフです。

簡単にいうと『硬いのにダメージ出しすぎてたから、APアイテム積まないならダメージでないようにした』です。

まぁ元より弱くなったのは内緒の方向で。

一つ一つみてみましょう。

【固有スキル(パッシブ)のクールダウンが上昇】

タンクエコーがダメージを出せていた理由がこのパッシブです。

追加魔法DM: 10 + (Lv × 10) (+0.8AP)
Slow: 30/40/50/60%
増加MS: 50/60/70/80%
Slow, 増加MS効果時間: 2/2.5/3s

相手にスロウを与えて自分はムーブメントスピードが増加、という逃がさないし自分は逃げれるというOPパッシブ。

タンクビルドの場合、このパッシブを3秒に一度発生(実際の発生には3スタック必要なためもう少しかかる)させることで、硬いのにダメージがでるという現象が起きていました。

そのスパンを長くすることで、継続的にダメージを出すことが難しくなりました。

【Q-タイムワインダ―のダメージ減少・魔力増加】

こちらもダメージの減少です。

ですが魔力値は増加しているので、APを積めばダメージは今までよりも増加します。

【W-パラレルトラップの効果時間の減少】

これはとても痛いナーフではないでしょうか。

ですが元々このWはOPすぎるという声がありました。

Passive: 残りHPが30%以下の敵ユニットに対してAAを行うと、追加魔法DMが付与される。建物には無効。
追加魔法DM: [対象の減少HP × 3% (+0.33AP)%]
(Minion及び中立Monsterに対しては15DMが下限、150DMが上限)
Active: 地点を指定してから3秒後にその地点にフィールドを発生させ、フィールドの範囲内にいる敵ユニットに継続的にSlow(40%)を与える。自身がフィールドの範囲内に入った場合、フィールドが爆発し範囲内にいる敵ユニットにStun(1.75s)を与え、自身にDMを軽減するシールド(2s)が付与される。
シールド耐久値: 80/100/120/140/160 (+1.5AP)
Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 22/20/18/16/14s Range: 1600

もはやそこらへんのチャンプのULTよりも強力です。

正直これはナーフされてもしょうがないかと思います。

【R-クロノブレイクの基本ダメージ減少・魔力値は増加】

このエコーのULTですが、逃げの際に使われる方が多いようです。

ですがこのULTのダメージ、実はものすごく強力でした。

ただでさえ硬いタンクエコーが、逃げにも使用でき、なおかつダメージも出せるのはおかしい!ということで基本ダメージがナーフされました。

【タンクエコーは消える?】

勿論タンクエコーでの運用もまだまだ完全に消えたわけではありません。

ただ、今後はフルタンクビルドでの運用が少し難しくなっていくのではないでしょうか。

ですがエコーの追い性能・逃げ性能・超広範囲スタンが試合で腐ることはありません。

そしてブリングも持っている為、ひたすら相手の後衛に張り付くという点においては仕事がなくなってはいないかなと。

ですが、フルタンクでは後衛を消し去るのに今まで以上に時間がかかってしまうのは確かでしょう。

まぁそもそもナーフが重なって元より弱くなってしまったのが痛い…

【今後のエコーはどのような運用が望ましいのか】

僕は昨年からエコーを使用しており、MIDでのFull AP Ekkoを使用していました。

元々エコーは操作が難しいチャンプとされており、ピック率もあまり高くありませんでした。

その後、友人にJGでのタンキ―エコーが強いと進められ、2または3火力3または4防具といったビルド使用を開始。

そして今年に入り、TOPでのタンクエコーが流行となってからはエコーのピックとBAN率が急上昇。

エコーを使用する人が増え、認知度が上がる。そしてエコーの記事アクセス数もあがる。

硬いうえにダメージが出るとのことで、正直下手な人でもOPと呼ばれる存在へ…

僕の予想では、今後エコーは『MIDでの超高火力チャンプ』『TOPやJGでのタンキー運用』になると思っております。

そしてこれが何を意味するか…それは

より精度の高い『エコーの操作力』、つまりは『テクニック』が必要とされてきます。

タンクエコーしか使ったことのない人が、MIDでエコーを使用すると驚かれるのではないでしょうか。

それほど脆く、操作性が難しいチャンプです。
※リーシンやリベン程ではない。

エコーはテクニカルチャンプの部類に入ると思います。

なので、リーシンが面白い!と同じく僕もエコーが面白い!と感じています。

今後タンクエコーが消えてくると、上手いエコーと下手なエコーがハッキリと別れてきます。

今後MIDでエコーと対峙した際、タンクエコーのイメージしかない方は気を付けて下さい。

ぶっ飛ぶ程ダメージ入りますよ。

そして僕は元々超高火力エコーが大好きだったため、今後が楽しみです。

確かにナーフはありましたが、上手いエコーになれるよう頑張りたいです。
※6.11になっても未だBANされるから全然ピックできないんだけどね

wikiのコメントにもありましたが…殺るか殺られるかの手に汗握るようなプレイがしたい!


【同時に読みたい記事】

【考察】Ekko(エコー)~ステータス・スキル編~

【考察】Ekko(エコー)~ビルド・JGでの使い方~



BlogRanking参加中!
宜しければ下の画像を1ポチ、応援お願いします(*´ω`)




~あとがき~

オーバーロード10巻(最新刊)くっっっそ面白かった(*´ω`)

今回はでるまでに時間がかかったけど、次回は9月にちゃんと出てほしいな。

丸山くがねさん...おなしゃす!

一周回って失礼になっちゃったよ!

俺がいる12巻いつでるんだよ!
関連記事

コメント

No title

私もfullapエコーを好んで使っていますが、今回の調整で2lVでのオールインが厳しくなった印象です。
まだ回数をこなしてないので曖昧ですが、
Ult覚えるまではのらりくらりと対応して、
6~7レベルくらいの時間帯から強い時間帯になるんじゃないかと思ってます(^_^)

2016/06/03 (Fri) | ななしさん #- | URL | 編集
No title

どうもエコーについてですがフルapだと敵がオールイン構成の場合どうしても後衛に届く前にウルトを使わされるか最悪落ちてしまいます
スキルの発動が遅い上にadcにブリングがあると届いてもqを避けられ最悪返り討ちなんてこともあります
他のアサシンと違い最低限殴り会うことが予想されるエコーで防御が不確定なシールドとゾーニャではフルapエコーはやはりロマンビルドではないでしょうか?

2016/06/04 (Sat) | 匿名 #- | URL | 編集
No title

タンクエコーと違い脳死で後衛に突っ込めないですからね。
私は敵集団の逃げ道、または味方キャリーを倒しに行く道にWを当ててから後衛に突っ込みますね。
Apを積んでるので敵のスキル二個分くらいはダメージをシールドで受けれますしね(^_^)
パッシブを発動したら一度敵から離れたりして
クロノブレイクを当てる立ち回りをします!
3人とかに当てれたらその集団戦はもらったも同然ですからね。

後はwはゾーニャ中でも自分に当たるとシールドがつくので適当に突っ込んでw>ゾーニャ >敵が近くにいたらクロノブレイクまたは適当にスキルって感じで戦ってます。

2016/06/04 (Sat) | ななしさん #- | URL | 編集
No title

ゾーニャ中もシールドが着くのは知りませんでした。
どちらにしてもシビアなCD管理と立ち回りが求められそうですね。フルapの事故を考えるとオールインされても落ちずに最低限仕事をするにはプレートオーメンビサージュバンシーの何れかは積みたいです。ワンコンを耐えれるだけの備えがあればこそウルト後のメリットを生かせるのでフルapはやはり私は恐いです。もちろん時と場合で変わると言えばそうなんですが笑

2016/06/05 (Sun) | 匿名 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する