【固定思考と成長思考】あなたの考え方は成長する?

20090711072714-915231637.jpg


どうもNine9です。

最近はいろんな人と一緒にランクをまわすのが楽しみになっています。

さてさて、本日のテーマですが、皆さん大好き心理学的なお話です。

スタンフォード大学のCarol Dweck博士が20年間研究した研究結果をLoLに当てはめていこうと思います。

さて、タイトルにもありますが「固定思考」と「成長志向」とは一体なんでしょうか。

まず固定思考ですが、こちらは思考態度が固定された人のことをいいます。

わかり易く言うと、固定思考の人は他人を「あいつはこういうやつ」「あれはこういうもの」「これは自分にはできない」と、世界を決定論的な見方で見ています。

「固定された思考態度」は「自分をよく見せたい」という欲求があるため、失敗する可能性がある挑戦を避けたがります。

障害にぶつかった時のあきらめも早く、努力は実を結ばないと考えがちです。

批判に対し、例えそれが有用なものであってもフィードバックを無視してしまうことがあります。

そして自分の能力を出し切ることができず、早い段階で能力の伸びが頭打ちの状態へと移行してしまいます。

LoLでいうと『こうしたほうがいいよ』という他人からの有益な情報を素直に受け入れられないという事です。

そして自分の能力はこれくらい、他人はこれくらいというような決め方をしている為、自分より下だと思っている人に言われた際の受け入れなさは半端ないです。

また劣勢な状況でいち早くサレンダーする方だと思います。

勿論1%も逆転できないのであればいいですが、固定思考の方は今の自分の能力を決めつけてしまい、新しい勝ちパターンを知る前に諦めてしまいます。

一方「成長する思考態度」はまず「学びたい」という欲求から始まるため、挑戦を喜んで受け止め、逆境にぶち当たっても粘り強く堪えます。

努力は熟達への通過点と考え、批判から学び、他人の成功からも学んだりインスピレーションを受けたりするという流れです。

根本にあるのが「学びたい」という考えのため、全てを雪だるま式に吸収し、高い成功レベルへと到達できるというわけです。

Dweck博士によると、学校の中や社会の中、人と人の関係の中でも、結果を証明しようとする人は多くいるそうです。

彼らは自分の持っている能力や素質は限られており、自分の知性や人格がどんな状況でも評価対象にあると考えているため、「自分は失敗しているか、成功しているか?」「賢く見えるか、バカに見えるか?」「受け入れられているか、排除されているか?」「勝者か、負け犬か?」ということに重きを置いてしまいます。

一方で自分の素質は努力によって伸ばすことが可能だと考えている人は上記とは別の考え方をします。

人によって持っている素質は別々ですが、誰しもが経験や勉強を通して素質を育てたり変えたりすることが可能であると考えるのです。

もちろん、努力をしたからといってアインシュタインやベートーベンのようになることは必ずしもできませんが、自分の潜在能力を「まだ分からない」ものと考えることで、情熱を持ちトレーニングを何年も行うことができるのです。

Dweck博士が行った研究の1つに4歳の子どもを対象にした実験があります。

1つのグループには「固定された思考態度」を教え、もう片方のグループには「成長する思考態度」を教えてから、それぞれのグループに2種類のジグソーパズルを選択させたところ、「固定された思考態度」のグループは自分の能力を示せるように簡単なパズルを選び、研究者らに対し「間違えない」という自分の能力を示し、反対に「成長する思考態度」のグループは「固定された思考態度」のグループのことを「新しいことが学べないのにどうして何度も同じパズルを選ぶのか」と困惑していたそうです。

つまり、「固定された思考態度」のグループは自分を賢く見せるための確実な成功を求め、「成長する思考態度」のグループは自分の能力を伸ばせる方を選んだのです。これは彼らの「成功」の定義が賢く見せることではなく、賢くなることを意味するためだと考えられます。

さらに、Dweck博士らは10代の少年少女を中心としたテストを実施。

それぞれの子どもに非言語的な10個のIQテストを解かせ、2種類の方法で彼らを褒めました。

1つの方法は「わあ、△点も取ったの、いい点ね。あなたは頭がいいわ」というもの。

もう1つは「わあ、△点も取ったの、いい点ね。よく頑張ったわ」というもの。

つまり、一方は能力を褒め、もう一方は努力を褒めたのです。

すると、能力を褒められた子どもは次に2つの問題を選択する際、難しい方の問題を避け、反対に努力を褒められた子どもたちの90%は学びの得られる難しい方の問題を選んだのです。

そして興味深いことに、その後にDweck博士らが子どもには解けないような難しい問題を与えた時、前者、つまり「固定された思考態度」のグループの子どもは自分のことを頭が悪く、才能がないと考える傾向にありました。

「成長する思考態度」のグループは「一生懸命やっている時の成功は自分を高める」と考えますが、「固定された思考態度」のグループは「成功は自分の卓越さを証明するものであり、偉大な人になることは無名であるよりも価値のあることだ」と考えます。

そしてこの考えかたは人間関係にも影響を及ぼします。

人間関係には問題や争いが必ずついてまわります…

しかし「完全さ」を重視する人々は争いが起こると多くの場合、相手の性格に欠点があるとして相手を責め出します。

そして相手をさげすみ、相手との関係そのものを不満に思う傾向にあるようです。

一方「成長する思考態度」のグループは相手を責めず、欠点を認め、欠点があっても自分たちは十分な関係にあると考えます。

彼らにとって争いの原因はコミュニケーションの問題で、相手の性格上の欠点ではないのです。

LoLのチャットでも言い争いは多々見かけます。

自分が成長したいのであれば、今すぐ固定された思考をやめ、成長する思考にシフトしましょう。

「たかが考え方1つ」と思いがちですが、スイスの哲学者アンリ・フレデリック・アミエルが「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる 運命が変われば人生が変わる」と残したように、自分の人生を変えるにはまず考え方から変えるのが重要ということが20年の研究で証明されたのでした。

そして人生が変わるという事はLoLのランクも上がるということ!

□■League of Legends Blog Ranking――

【SN:Nine9】
是非フレンド申請お願いします!
一緒にランクやノーマル行きましょう!

最後まで読んで頂き有難う御座います!
↓↓↓よろしければ1ポチお願い致します↓↓↓



―――――League of Legends Nine Blog■□


Gigagine引用

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する