【キャリー】試合を運ぶという事

06_s.jpg

皆さんはキャリーするという意味をどう感じていますか?

一般的に「キャリーした」というのが「多くのキルをとった」という意味で使用されています。

相手を壊滅させ、試合を壊すADCなどの火力勢のことで間違いないでしょう。
(僕の認識では15/15/10はキャリーと呼びません。ただの死にたがり。)

ですが、「キャリーする」という認識を少し違ったとらえ方で考えてみましょう。

キャリーという言葉の本来の意味として、「試合を運ぶ」という意味があります。

この「試合を運ぶ」というのは個人個人で考え方が違ってくるのではないでしょうか。

例えばトリンダメアでキルをまったくとれなかった人が、タワーの破壊に専念し、相手を左右に振り、最終的にゴミスコアなのにネクサスまでたたき割ることがあります。

ティーモが森にキノコをばらまき、相手のJGが森を上手く回れない、また相手のアサシンが裏をとれないなどもあります。

そしてタンクが完璧に見方を守りきり、集団戦をコントロールする事があります。

「試合を運ぶ」という言葉の意味で考えた時、キルをとることだけがキャリーではなくなってきます。

そしてADCが一人だけでキルをとるという事はなく、味方のサポートが合ってこそキルをとれる、つまりキャリーができるということです。

僕はLoLを始めた当初、友人から「とりあえずサポートが一番簡単だからサポートやりな」と言われたことがあります。

ですが、サポート程重要なポジションはないといっていいほど大切なポジションだと今は思います。

サポートがうまく機能していないと、ADCが機能しません。

ADCが機能しないということは、後半の集団戦で火力が出ないという事です。

そしてサポートの差がBOTの差といってもいいのではないでしょうか。

BOTでレーンが負けしてしまえば、下手すると相手に2キル献上してしまいます。

2度ダブルキルなんでとられてしまえば、これは絶望的な差が生まれ、非常に厳しい試合展開になってきます。

そして試合を運ぶサポートは、MIDにロームへ行きます。

タイミングは難しいかもしれませんが、ロームに行きMIDにキルを与えることができれば、僕はこれをサポートキャリーと考えます。

ただ結構多いのが、一人になったADCがやられ「report sup」と言い出しますので気を付けて下さい。

勿論ロームへいくタイミングや状況の問題がありますが、僕はどちらかというとADCの方が悪いのではと思ってしまいます。

そしてサポートのワード・デワードによっても試合の流れが大きく変わってきます。

試合の流れが変わる」つまりいい方にも悪い方にも「試合を運ぶ」という事です。

トップで開始10分で5デスなどする人がいたら、あるいみその人も試合を運んでいる(悪い方に)ので、キャリーしているということですね(笑)

ただこう考えると、ブロンズを抜けるには「自分がキャリーしなくてはいけない」=「キルをたくさんとる」ではなく

「自分がキャリーしなくてはいけない」=「試合を運ぶ動きをする」ということです。

皆さんも『試合を運ぶ』プレイヤーになって下さい。


~あとがき~

今まで戦績が恥ずかしくて載せていませんでしたが

楽しければなんでもいいや!という考えになりましたので……

SNを解禁しました!!

【SN】Nine9

是非是非フレンド申請宜しくお願い致します!

そして一緒にプレイして頂けるとほんとにうれしいです!

宜しくお願いします!

□■League of Legends Blog Ranking――

最後まで読んで頂き有難う御座います!
↓↓↓よろしければ1ポチお願い致します↓↓↓



―――――League of Legends Nine Blog■□
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する