【LoL 6.8パッチノート】エコーのBAN対象外に期待!

Diana_3.jpg


6.8パッチノートについてです。

まず初めに、メンバー人数の多いクラブでメモリークラッシュが起きる不具合に対処とのこと。

そもそもメモリークラッシュなんて起きていたんですね (笑)

クラッシュで思い出しましたが、先日から試合前のロード画面にいくとゲームクラッシュが起きる現象に出会いました。

ゲームクラッシュについては様々なブログで対処法がありましたが、どれを試してもダメでした。

僕の場合、TS(チームスピーカー)を再ダウンロードした際に、『Overwolf』というソフトを一緒にダウンロードしていたのですが、実はこれがLOLの起動を邪魔していた原因でした。

結構便利なソフトで、LOLの試合画面中に相手の情報がみれたり、試合のリプレイがみれたりもするソフトで、LOL以外のゲームでも結構使われています。

ですが何かしらが邪魔してしまったようで、僕はこのOverwolfを消すことで、ゲームクラッシュを解除することができました。

はい、そしてついに来ました!

エコーの調整

エコー専の僕からしたら、今までよりもBAN率が下がり、使用できる回数が増えるので、正直嬉しいです。

今回の調整では。WとEの基本ダメージが減少する代わりに、魔力反映率が増加とのこと。

つまり最近TOPで暴れていたガチタンクエコーでは、今までのようなダメージが出しにくいという事です。

逆にAPを積めば魔力反映率が増加しているので、ダメージは大きくなったということ。

バランスを見極めどのようなビルドにしていくのか、これからの考察が楽しみです。

正直JGエコーが一番楽しいので、僕にとってはBANされにくくなっただけでむしろバフです。

また、オラフとランブルは結構pickされるようになってくるのではと思っています。

オラフって敵にいるとほんと鬼のようなチャンプだけど、自分で使うと意外とあっさり死ぬイメージが…

さらに強化されたオラフに追っかけられたらひたすら逃げるしかないですね (笑)

ランブルは2,3回しか使用したことないのですがQのミニオンへのダメージが50%→100%になったとのこと…

これってどれくらいバフなの?(笑)

そしてスプラッシュアートの追加!

全員かっけー!

wwもなんかすげー!

今後も続々とスプラッシュアートが変わっていくということなので、ロード画面が楽しくなりますね!

LOLjp公式サイト:パッチノート6.8

imageb.jpg

imagebd.jpg

imagebt.jpg

imagef.jpg

imageg.jpg

imageq.jpg

imageuj.jpg

imagew.jpg

imagew3.jpg

imagey.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する