【LOL・JG講座】JGってどうやって動くの?!

Smite.png


今回はLoLを始めた方が一番よくわからないJGについて書きたいと思います。

ちなみにいうと、僕もJGについての知識は100%のうち20%くらいしか知りません。

それでも最低限おさえとけばブロンズは抜けられます。

ちなみに僕のメインロールはADCですが、次によくやっていたのがJGですので、多少は役に立てるかと思います。

また、僕も知識不足がありますので、訂正などありましたらコメントお願い致します。



【JGの動き方・意識の仕方】


JGをやっているのと、よく他のレーンに煽られることがあります。

gankにこないからレーンで負けた、相手はgank3回目でお前は1回もこない、タイミングが悪いからもう死んだ、何してんだJG、noob jg……などなど

とりあえず、まずJGをやるならば一旦そういった罵倒は頭から消しさりましょう。

基本的に何かあれば一番文句言われるロールだと思ってください。

その逆に、いいプレイをすれば一番褒められるロールでもあります。

ですが、gankにいくタイミングやどこにいくというのは難しいものだと思います。

ブロンズだったころの僕がJGで意識改善をしたことを話したいと思います。


①レーンの押し具合を見る!

これは基本的なことですが、やはりレーンのPush具合は大切です。

相手のタワー近くまでガンガン押しているレーンよりも、相手がガンガン押しているほうが裏に入りやすくgankも決まります。

が、しかし!

gankに行きたいのに、例えばこんな場合はないでしょうか?

botは押してる、midはどっこいどっこい、topもCSの取り合いをしている。

もしくは全レーン押している。

せて、困りました。

gankにいきたいのに、どこのレーンもイケイケで相手の裏に入ることができません。

勿論、その際は自分の森をひたすら狩りに行くという選択肢で間違ってはいません。

ですが、そこでいったん考えてみましょう。

例えば、どこかのレーンが押している、全レーン押しているという状況……あなたが相手のJGだったらどうですか?

そう、絶好のgank日和です。

よくあるのが、botレーンなどでキルは発生しないまでもハラス勝ち、CS勝ち、完全にレーン戦勝った!

と思っていたところに相手のJGがgankしてきて2キル献上、タワー折られ、ゴールド差抜かれる……

つまりレーンが押している(勝っている)ときにこそ、負けにつながるリスクも自然と上がってしまうのです。

これを頭に入れておけば、今日からあなたのJGも少し動きが変わってきます。

botレーンが押している、midとtopはどっこいどっこい。

こんな場面に出くわしたらきっとこう思うでしょう。

相手のgankが来る!

そこで一つ上の動きをみせてやりましょう!

それが、Counter-gankです。

自分が相手のJGであれば、ここのレーンにgankいくなだとか、もしくはワードでgankにいきそうなJGが見えたら迷わずよってあげましょう。

相手のJGがgank日和だとのんきに飛び込んできたところを、逆に返り討ちにして3キルもらうなんてこともあり得ます。

レーンが押されているところだけを重要視していると、おいしいチャンスを逃すことになるかもしれません。

そしておいしいチャンスを逃したくないのであれば、しっかりとワードを置くことです。


②相手のチャンプをみる

これはgankの基本に入りますが、相手のチャンプをみてgankに行くレーンを決めましょう。

特に逃げ性能が乏しいチャンプが相手にいたのなら、少しでも前に出ていた場合gankに行くのが吉です。

例えばマルザハなどがmidにいるときは、gankの成功率も高くなります。

試合開始前のロード画面で、相手チャンプの特徴をよく考え、試合が開始される頃にはある程度自分の中でgankにいく道筋を立てておくことが大切です。

ですがいくら逃げ性能がないからと言っても、ベイガーやモルガナのようなCCもちには気を付けてください。

必ずCCをはいた後に飛び込むことを心掛けましょう。(絶対よけられる自身があるなら突っ込んでください。)


③捨てるレーンと育てるレーン

これは僕の勝手な持論になりますので、参考にしていただかなくても結構です。

※あくまでブロンズ帯での話です。

まず捨てるレーンですが……

相手のgankもなしに、短時間で3デスした味方レーンは捨てです。

例えばtopで、gankにこないからレーンが勝てない(相性などもあるので)というのはわかりますが

短時間でそれだけデスするというのは、基本的にプレイヤースキルや知識が乏しい可能性が高いです。

そんなレーンを助けたところで、中盤~後半に向けてそのプレイヤがいい動きをするとは思えません。

であるならば、勝っているレーンや、まだ活躍してくれそうなチャンプを助けにいくべきです。

また、育てば試合を壊せるチャンプ(カタリナ等のアサシン、adc全般)などの火力系チャンプは、優先順位を高くして育ててあげてください。

勿論topがtankの場合でも、いけるならgank等にいきますが、それよりもmidやadcを優先してあげましょう。

また試合中にTABキーを押すと、全員のCSを確認することができます。

b580e1ece35bc26b9c194f319e364e64.jpg


そしてこれは左クリックで順番を入れ替える事ができます。

僕は上からADC、SUP、MID、TOP、JGとしているのですが、そうすることで、一瞬でレーンごとのCS差を見ることができます。

このCS差をみて負けているところがあれば、チャンプの相性が悪い場合、プレイヤースキルに差がある場合などがあります。

手伝いに行ってあげたり、明らかに育っていないならファームさせておいたりと、行動の基準にするのもいいかもしれません。



④Buff管理

これはJGの仕事といっても過言ではありません。

上位のランクに行くと、ほぼ全員がBuff管理はできると思いますが、ブロンズシルバー帯ではJGがきちんと管理しましょう。

特に重要なのがドラゴンです。

JGが不用意にtopへ顔を出してしまえば、相手のJGとbotでドラゴンを狩れてしまいます。

逆に、相手のJGがtopでみえたらドラゴンを開始できます。

ドラゴンが後何秒で現れるのかもきちんと把握していれば、ドラゴン前の視界取りもよりスムーズで安全に行えるでしょう。

そしてよくいますが、川を歩いている緑虫(名前わからない)にスマイトは使わないで下さい。

基本的にドラゴンが開始前に狩ることになると思いますが、ドラゴンやバロンを狩る際に、スマイトのないJGほど悲しいものはありません。

もしそれでスティールなんてされてしまえば、仲間達から罵倒の嵐がわくことでしょう。

スマイトは必ず一つ残しておくようにしましょう。


④テクニカルチャンプを使わない

そう……もはやJGに限らずランク上げたいならこれに尽きると思うんですよね。

リーシンってやっぱりうまい人の動画を見ていると、かっこいいし強いし憧れると思います。

ですがあの人達のレベルは、すでにJGの動きもわかっている為ああいった動きができるのです。

それにリーシン程のテクニカルチャンプになると、対して使えない人がやると4vs5どころか4vs6にすらなりえます。

ノーマルではいいですが、ランクではもう少し落ち着いたチャンプを使用してください。

ですが、勿論自分はリーシンで上がっていくんだ!っていうかたもいるかと思います。

勿論時間はかかったとしても上がれないわけではなく、下積みを重ねに重ねたリーシンこそ、真の格闘家になるのかもしれません。

ですので、とにかくかっこよくいきたい!というのであれば、あきらめずに練習することです。

中途半端にうまい人の動画をマネするのではなく、カスタムなどで何度もワードジャンプをやりましょう。



そして最後になりますが……

⑤ささいな手伝いをする

JGにとって一番必要なことではないでしょうか。

gankにいったからといってポンポンキルが発生することなんてありえません。

負けているレーンに顔をだし、相手の意識にgankを植え付けるだけでも、レーン戦に影響は出てきます。

ミニオンが押されているが、リコールしたい味方のところにいってあげ、リコールさせてあげるだけでも役にたってます。

topの川にワードを指してあげるだけでも、topの生存率はあがります。

もちろん2つめの青バフをあげることを怠ってはいけません。

しかし、手伝えることが多いからこそ、どのレーンもJGに頼ってしまうため、どうしても『このJGは使えない』だとかいわれてしまいます。

メンタルを強く持つ、もしくは/all muteしましょう。







関連記事
  • このエントリーのカテゴリ: LOL講座

コメント

No title

jgって一番行きたくなかったんですが、日本鯖始まったのでこれを参考に頑張ろうと思います!
Nineさんのサーバー名教えてください!

2016/03/01 (Tue) | 匿名 #- | URL | 編集
コメントありがとうございます!

そういっていただけると嬉しいです!

僕も最初はJGにいくのが嫌で嫌でしょうがなかったです (笑)
少しでも参考になればいいと思いますが、この記事のどこまでがあっているか……
というのはご自身でやられてみて、これは違うなというのがあれば、またコメントで訂正して頂けると僕も助かります!

僕も日本鯖に移しましたので、メール頂ければお伝えします!
ちょっとここでさらすにはあまりにも恥ずかしすぎる戦績なので……(笑)

2016/03/02 (Wed) | Nine #sCj5cBmo | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する